タイトルの位置へジャンプする

上記のよう、HTML5ではアンカー要素(aタグ)のname属性の指定が非推奨となり、id属性の使用が推奨されました。
アンカー要素(aタグ)以外に、h1やp、divなどのあらゆる要素でid属性が指定でき、今までより幅広く便利に活用できそうです。

ちなみに、対応してないブラウザを考慮する上記のよう、HTML5ではアンカー要素(aタグ)のname属性の指定が非推奨となり、id属性の使用が推奨されました。
アンカー要素(aタグ)以外に、h1やp、divなどのあらゆる要素でid属性が指定でき、今までより幅広く便利に活用できそうです。

ちなみに、対応してないブラウザを考慮する上記のよう、HTML5ではアンカー要素(aタグ)のname属性の指定が非推奨となり、id属性の使用が推奨されました。
アンカー要素(aタグ)以外に、h1やp、divなどのあらゆる要素でid属性が指定でき、今までより幅広く便利に活用できそうです。

ちなみに、対応してないブラウザを考慮する上記のよう、HTML5ではアンカー要素(aタグ)のname属性の指定が非推奨となり、id属性の使用が推奨されました。
アンカー要素(aタグ)以外に、h1やp、divなどのあらゆる要素でid属性が指定でき、今までより幅広く便利に活用できそうです。

ちなみに、対応してないブラウザを考慮する

タイトル